銀行カードローン

キャッシング 実質年率 限度額 おまとめ おすすめ度 詳細
オリックス銀行カードローン 3.0%〜17.8% 最高800万円 あり あり 詳細へ
アコム 4.7%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ
プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 あり あり 詳細へ
モビット 4.8%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ
レイク 4.5%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ
アイフル 4.5%〜18.0% 300万円 あり あり 詳細へ
楽天銀行スーパーローン 4.9%〜14.5% 500万円 あり あり 詳細へ

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンは、カードローンを利用することのできる機能が付いたカードを使って、最初に決めた借り入れする事の出来る範囲の中で、必要な時にお金を融資してもらえるという仕組みになっています。

この銀行カードローンには、法人向けの他に、個人を対象とした2つの種類があるのですが、それぞれ特徴が異なり個人の方が利用する場合には、無担保で借りられるものが比較的多くあり、さらに保証人も不要の場合が多いのが特徴です。
実際に、いくら融資してもらえるのかは、その銀行によって違いますし、カードローンによって変わってくるので、低いものでは10万円から、高額の場合だと1,000万円という大口の融資を受けられるものまで様々です。
融資してもらったお金を、どう使うかは、借りた本人が自由に決めることができますが、ただ1つ、全ての銀行カードローンに共通している点として、事業資金を目的とした利用は原則できないというのが、気をつけなければいけない点です。

 

銀行カードローンの審査

カードローン

無担保でお金を借りることができる、個人向けの銀行カードローンですが、審査を受けなければいけないという事を覚えておかなくてはいけません。これは、銀行の方が保証会社を指定して、その会社の審査を受けるという形になります。それぞれのカードローンで審査の内容は違いますが、だいたいは、年収や年齢といった基本的な情報から、今までのクレジットカードの利用状況などが、主な審査の対象になるようです。
基本的に、成人に達している場合で、ある程度きちんと収入が安定している人ならば申し込めるのですが、以前にどこかで借り入れをした実績があり、その返済が遅れたことがある等の場合には、審査に通らない事もあるのです。

 

返済はしっかりと

審査に通ったという事は、銀行が指定した保証会社が保証をするという事になるので、もし、ちゃんと返済しなかったり、返済に遅れが出た時には、この保証会社が代わりに銀行に支払う事になり、借りた本人の所には、保証会社の方から支払いの督促がくるというシステムになっています。

 

利用しやすいカードを選ぼう

カードローン

カードローンを利用する際のカードには2つの種類があり、その銀行で利用できるキャッシュカードにカードローンを利用することのできる機能がつけられたカードと、純粋にカードローンにだけ利用できるもの、この2種類があります。
使いたいカードを選ぶのは、基本的に本人ですが1つ目のキャッシュカードタイプのカードの方が、手続きが早いというメリットがあります。最近のインターネットの普及により、カードを使わなくてもインターネットバンキングを利用することでお金を借りる事のできる銀行もあります。


このページの先頭へ戻る